珈琲人のひとりごと!

paragon103.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 23日

ゆっくりした時間

店休の雨の火曜日、
久しぶりに鹿児島市立美術館に行きました。
今鹿児島出身の日本画家石踊達哉さんの個展が催されていて連れ添いに誘われてのお供。この石踊さん1998年発表の瀬戸内寂聴現代訳「源氏物語」の装丁画で注目された方、「平成淋派」と呼ばれるとおり伝統的な花鳥風月の世界を現代的な感覚で捉えた作風。私にはいまひと入り込めずその作風故か日本画が持つ淡い空気感を楽しめなかった(日本画に疎い私の感覚に過ぎませんが)
帰り二階の常設展を見た。
郷土作家の黒田清輝や藤島武二、和田英作などの洋画、仏像などの国宝修復に活躍した新納忠之介や西郷銅像の作者安藤照の彫刻、それにモネ、ピカソ、ダリなどの数点。
1時間余りで見終える程の展示であるが日常を忘れたゆっくりした時間を味わった。
館内併設の喫茶店のチーズケーキ、チョコレートケーキ、珈琲も満足できる味でした。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-23 23:16
2007年 01月 21日

グーグル!

NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃」を見た。
以前「グーグル」という新書を読んでいたので衝撃とまではいかなかったが、その対数曲線的影響力、中国などで行われている検閲の問題などのように自分が意識しないうちに与えられている情報の選別、操作が行われているのを知ると映画「マイノリティー・レポート」の近未来の恐怖感を身近に感じてしまう。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-21 22:33
2007年 01月 18日

「音生力」ライブ

ときどき珈琲飲みにみえるジャズピアニストの田島良一さんが参加しているセッションバンド「音生力」のCD発売記念ライブが鹿児島市のキャパルボホールであったので聴きに行った。この「音生力」はGLAYや氷室京介などのサポートを務めるドラマー永井利光(都城出身)を中心に南九州出身のプロのミュージシャン8名のグループで西洋楽器に和太鼓、津軽三味線を加えた独自の音楽を追求している。
昨年のライブ、何が出てくるか分からない面白さを感じたので今回も聴きに行った。
今回はCD発売という事で何となく力が入り過ぎ、まとまり過ぎという感じがした。
PAの出来もあったのだろうが、音力はフォルテの強さだけでなくピアノの繊細さとの対比でその力が伝わると思うのだが!
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-18 22:58
2007年 01月 14日

和歌の前の平等

皇居で行われた今年の「歌会始」の中継をテレビで見ていて
全国から選ばれた10名の方々の年齢、職業。
以前読んだ本の中の「和歌の前の平等」という言葉をを思い出した。
「万葉集」において4500首の作者は天皇や貴族ばかりでなく普通の人や防人といった兵士、乞食に到るまで全く身分も男女も差別がなく選ばれ、しかも詠み人知らずが約三分の一含まれていて使う言語も同じ、身分の差を超えた「和歌の前の平等」という文化が日本にはあったという。民族の文化を見るときこんな見方もあるのかと著者の慧眼に驚いた。
その日本文化の伝統がまだしっかりと伝えられている。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-14 23:04
2007年 01月 12日

将来の焙煎人

今日宮崎からUさんが見えた。
4〜5年前まで隣町川内市に住んでいらした方。
オーディオが好きで管球アンプも自作、聴かれる音楽もジャズということで当時ちょくちょく来店、ライブにもに来て頂いた。
事情で故郷の宮崎に帰られてから久しぶりにパラゴンにみえた。
そのUさん最近珈琲の焙煎機を購入、焙煎の勉強を始めたとの事。使っている焙煎機は家庭用パスタナベを釜に使った香煎工房の「CAPASUTA/キャパスタ」という機械。

自作のアンプでジャズを流す珈琲屋を開くのが夢なのであろう将来の焙煎人。
ケーキも珈琲も作り続ける事、焙き続けるのが美味しさに向かう王道!
継続こそが一番の才能! 頑張ってください。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-12 06:59
2007年 01月 11日

アナログレコード愛好者

いつもノアール(濃めに淹れた珈琲)を注文する看護士のY君、
最初は彼女と来て30分くらい、帰ったと思ったらすぐに今度は男の友達となにやらLPのボックスものを大事そうに抱えて来店、カウンター前ののボックス席だったので聞くとはなしに聞こえた会話はそのレコードの話。
なんとそのボックスものはチャリー・パカーのサボイ盤!
聞くと、中古レコード屋で見つけたとの事。そのボックス表紙はアルトを持ったパーカーのイラストで小生も初めて見る品。
今頃こんなものが中古屋さんに出るんだ!という驚きと嬉しそうにそのライナーノートを読むY君の顔と、近くにいるアナログレコードJAZZ愛好者の存在にちよっと幸せな気分を味わった。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-11 08:38
2007年 01月 10日

正月気分挽回!

新年になりケーキの仕込みを先送りしていたのが溜まってきたので朝からチーズ・ケーキ、フルーツケーキ、ガトーショコラ、チョコレートケーキ造りで一日が終わってしまった。スムーズに仕込みがはかどったと思って夜レジ集計を見たら
本日来店のお客様は22名、どおりではかどったはずだ!!
これでは仕事は進んでも店の存続は??
今年の課題は「表現」、お客様がいっぱい見えるよう宣伝、訴えて行こう。
・・でも能書きは好きじゃないしナ〜。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-10 23:25
2007年 01月 09日

正月映画 2007.1.9

正月夫婦で映画を観る暗黙のしきたりが出来て何年になるのだろう。
2日の日、「武士の一分」を観るつもりで鹿児島ミッテに行ったのだが上映時間が合わず「硫黄島からの手紙」になってしまった。(正月早々重すぎるかな?とは思ったが)
本当はもっと悲惨な戦いであったとおもうが、クリント・イーストウッド監督の公平な描き方に感心してしまった。
ということで今日の定休日、与次郎に新しくできたTOHOUシネマで「武士の一分」を観た(もちろん夫婦50割引で!)。 今まで藤沢周平作の映画は見逃さないようにしているが、この作品も藤沢周平の「弱いものに対する温かいまなざし、つつましく普通に生きる事の大切さ美しさ」が伝わってきた。
と同時に「いのちを懸けても守るべきもの、守りたいもの」は何か?
2本の正月映画から問われた命題だった。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-09 07:34
2007年 01月 08日

祭日

今日は成人の日、といっても当市の成人式は1月3日に終わったが、
むかし成人の日は15日だった。
今の人間の都合で祭日、記念日をそうそう変えてもらっては困る。
祭日、記念日には前の世の人々の想いも入っているものだから。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-08 07:37
2007年 01月 07日

2007年スタート!

2007年ももう一週間すぎてしまった。
今年は三日から店を開けたのだが成人式(当市は三日)のグループが一組あっただけで正月はどこに行ったのだろう?という感じ。
お祭りがあまり好きでない小生も、ハレの日はハレらしく晴れて欲しいと思った2007年のスタートだった。
[PR]

by paragon-coffee | 2007-01-07 15:54 | 独言