珈琲人のひとりごと!

paragon103.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 21日

落ち葉

f0056130_11324398.jpg
楠木は新芽が出始めそれと入れ替わるように古い葉が落ちる。
今、店の前の街路の大きな楠木がその落葉の時期。
毎朝の庭掃除の大半はその片付けに追われている。
店の周りの蔦葛もちっちゃな芽が膨らみ始めました。
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-21 15:32
2009年 03月 20日

さすが!

f0056130_11424432.jpg国分(今は霧島市)で居酒屋をやっている知り合いのところで「ジミー入枝」のライブをやるということで行った。
2時間のワンマンショ−、終わってからの打ち上げで酒を勧めたが「今日は喉を使いすぎたから止めます!」と言う。普通ならば一番美味しく飲めるその時に・・さすがプロです。
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-20 08:26
2009年 03月 18日

かすかな腰痛

ぐっすり寝た休み明けはいつも身体がぎこちない。
身体中の関節が何か油が切れたような感覚、
年齢のせいでだろうが、
今まで自信を持っていた腰にかすかな腰痛・・
カウンターに立っている事自体がこの仕事継続の要。
だから毎朝の熱いシャワーで身体を温めるのとストレッチは欠かせない。
かり物の命と身体、だから責任としてメンティナンスに一定の時間を割かないといけないとは思っているが、なかなかです。
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-18 23:58
2009年 03月 17日

おくりびと

遅ればせながら「おくりびと」を観た。
いつも、ちらほらな観客のミッテの席があんなに詰まっているのを見て感動 !?
一本の映画が賞を取っただけで人の流れ(行動)を左右してしまう、この力
だから世の中には何々賞、何々記念とかの権威の怪物が存在するのだろう。
この映画が描いている日本人の死生観が外国(他民族)の人に理解された
(アカデミー賞を取ったのだから)ということにまた感動?
内容・・良質の映画でした。
広末涼子がミスキャストと言う人がいるが、チェリストの妻で、主人公の救いを求める女性は肉感的な美女でなく少女の面影を残す女性である必要があったのでは・・滝田洋二郎監督としては。
衝動的に広末の身体を求めるあの1シーンは成人映画を数多く撮ってきた滝田監督の実力?であろうか。
やっぱり山崎努の存在感は凄い!
それとやっぱり背景は雪の積もる北国でなければならなかった。
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-17 22:47
2009年 03月 16日

「苦味」の位置づけ

店のドアを開けた正面、屋久杉の輪切り板に「珈琲は良質のほろ苦さが身上!・・」云々と目指す方向を書いている。珈琲が飲み続けられ世界に広まった力はこの「苦味」という確信は変わらないが、この苦味の質で30年近く悩まされ続けている。
それが焙煎の世界、珈琲の世界・・
自分の中で、人間にとっての「苦味」の意味、位置づけ、まだ靄の中です。
・・それがストンと腑に落ちる時がくるのだろうか?
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-16 23:11
2009年 03月 15日

やっぱり時代だな〜

友人の息子の結婚式に出席した。
結婚式に出席するのは何年ぶり?
仲人なし、披露宴も式場側が作った二人の成長記録、家族記録の映像。
大学時代の仲間が作ったお祝いDVDの放映。
それも結構長い時間、
「やっぱり時代だな〜」と、実感!!
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-15 23:54
2009年 03月 14日

ああもう体力では・・

鹿児島へ電車行くことになったが出かける前店が忙しくなり発車15分前に急いで駅に向かった。
歩いては間に合わないと思い走った!
5分も走ったら胸は苦しくなるし頭は酸欠状態、
そういえば、必死?に走ったのは何年ぶりだろう、
それもたった5分くらいである。
島津薩摩の国に生まれた男として情けない。
義父が買っていた「島津奔る」という本の題名が頭をよぎった。
ああもう体力で国は守れない・・
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-14 22:31
2009年 03月 13日

記念日

明日はホワイトデー
我が家的には、結婚記念日と祖母(法律上では母)の命日。
33年前その祖母の一周忌の日に結婚式、3月14日が近づくと毎年家内に言われる。
「なんで一周忌の日に?周りの者がよく許したのね!」と、
弔事を慶事に変えたくて私が押し通したものらしい。
自分でも判らない事を時々する、気持ちの命じるままに・・
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-13 23:24
2009年 03月 12日

フルボリュームタイムの復活

今年に入ってからフルボリュームタイム(日曜日・22:00〜24:00)を復活した。
以前(6年前迄)は土曜日(23:00〜25:00)で、一組か二組かのお客様があったが、それを止めて5年それも日曜日に復活したものだからほとんどお客様はみえない。
「だったら止めたら」と言われそうだが、
このフルボリュームタイム、オーディオをやる者の力量と感覚を試される時間なのです。
普通の音量で鳴らしているときは装置の弱点も録音の質も気にしなくていいが、フルボリューム再生となるとそうはいかない。
レコードプレイヤーの調整(針圧、ラティラルバランスetc.) 針の汚れ、録音の質、盤質に気を遣わないとパラゴンが活き活き鳴ってくれない。
日常の中で意識してオーディオと向かい合う時間があるということは大切な事、
「音を磨く」という指針にとってもフルボリュームタイムの復活は必要だったのかもしれない。
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-12 20:28
2009年 03月 11日

ひねくれ?

昨日寄った喫茶店のトイレに「綺麗に使って頂きありがとうございます」の張り紙。
最近コンビニのトイレでも見かけるが、あの張り紙を貼るとトイレを汚す人が少なくなるそうである。
最初見たときは新鮮に感じたが、いろんなところで見かけるようになると何となくその下心を感じてしまう。私の心がひねくれているからだろうか?
[PR]

by paragon-coffee | 2009-03-11 22:10